代表プロフィール


代表:木下洋一 Kinoshita Yoichi

 

出世とは無縁の元入管職員。

現役時代の密やかな自称

         :「入管のはみだし者」

 

 大学卒業後、1989年4月、公安調査庁(法務省の外局)入庁。(国家Ⅱ種採用)
2001年、入国管理局(現・出入国在留管理庁)へ異動。

 以降、2019年3月に退職するまでの18年間、入国審査官として東京局、横浜支局、羽田支局等地方(支)局において、在留審査、上陸審査、違反審判等の業務に従事し、末端から入管行政の内側を見続けてきた。
 入管行政に対する疑問から、現役職員であった2017年4月、神奈川大学大学院法学研究科に社会人入学。「出入国管理システムにおける行政裁量の統制に関する一考察」で法学修士学位取得。

 2019年3月、大学院修了と同時に入管局を早期退職。

 

 退職後、共に生きる社会をめざし,入管システムの改革を訴えるべく入管問題救援センターを立ち上げる。